1. HOME
  2. ブログ
  3. 売却
  4. 住んだままで不動産は売れるのか?

Column

不動産コラム

売却

住んだままで不動産は売れるのか?

「空き家」と「居住中」の違い

「売るときは空き家にした方がいいですか?」「住んでいる状態でも売れますか?」これはよくある質問です。答えは「住んでいる状態(居住中)でも売ることができる」です。そして、どちらかと言えば住みながら売る方のほうが多いと思います。

「空き家」と「居住中」とで一番違いがあるのは、ご自宅を買主さんに見てもらう内覧のときです。空き家であれば、鍵を不動産会社に預けます。そうしておくことで、突然の内覧希望者にもすぐに対応できますし、内覧があるたびに鍵を不動産会社に貸す手間も不要となります。

ところが、居住中の場合はそうはいきません。留守宅に見に来てもらうことはトラブルの原因となります。留守中に内覧をお願いしたいが、帰ったら大切なモノがなくなっていた、というようなことも可能性としてはゼロではないのです。必ず売主さんの立ち会いの下、内覧が行われることとなります。そして住みながらご自宅を売る場合、内覧時には、買主さんに生活空間を見てもらうことになります。

このため、居住中で売る場合、内覧希望者が現れたら、不動産会社から売主さんの予定を必ず確認します。「内覧を希望しているお客様と○日△時頃にお伺いしたいのですがいかがですか?」と連絡が事前にあります。突然内覧に来るというのはまずありませんのでご安心ください。ただ、「今から行っていいですか」というようなことも当然あります。そして、この内覧のアポイントは非常に大切です。

将来の買主さん候補である内覧希望者。連れてくるのは不動産会社です。売却を依頼した不動産会社であればいいのですが、たいていの場合他の不動産会社が買主さんを連れてきます。
買主さんを連れてくる不動産会社は、買主さんが家を買ってくれて初めて仲介手数料がもらえます。よって「買ってくれやすい物件」に買主さんを連れて行くのは当然です。

例えばその不動産会社は、買主さんの希望する条件に合う物件をいくつか提示し、興味を持った物件に案内します。この不動産会社は買主さんにA、Bの物件とあなたの自宅の資料を出しました。買主さんは3物件とも興味を持っています。そこで、不動産会社は内覧のアポイントを入れていきます。AとBはアポが取れました。しかし、あなたは提示された時間にどうしても家にいられません。だからといって、居住中の家を「勝手に見てください」とはもちろんいえません。結局都合がつかずに今回は断りました。買主さんを連れた不動産会社はAとBの物件だけ見せ、その結果買主さんはAの物件を買ったのです。

もし、このとき、都合がついて内覧をしてもらうことができていれば…。
もちろんこれは「たら・れば」の話ですが、内覧をしてもらうのが売却の第一歩です。
居住用不動産は見せない限り売れません。内覧に来てもらうことは非常に大事なのです。

「売るチャンス」を逃さない2つのポイント

①内覧のアポイントを逃さないように、売却を依頼する担当者に必ず常時連絡のつく連絡先(携帯電話+携帯メールがお勧め)を教えておくこと
②内覧希望者からのアポイントにはできる限り合わせ、都合がつかないときのために立ち会いを頼める人を探しておくこと

この2つのポイントを押さえておけば、居住中でも売ることに問題はありません。

関連記事