1. HOME
  2. ブログ
  3. 売却
  4. 「損をしない」不動産売却の基礎知識~売却の流れ~

Column

不動産コラム

売却

「損をしない」不動産売却の基礎知識~売却の流れ~

不動産売却を行うにあたり、これからどんな流れで物事が動くのかがわかると、どんな準備をすればいいのか、何に注意するべきなのかがはっきり見えてきます。
損をすることのないように、最低限の基礎知識は身に着けておきましょう。

① 不動産売却を考え始める

いつ頃売りたいのか、費用や転居先についても考え始めます。

② 不動産の相場を調べる

不動産売却のポータルサイトなどで、よく似た物件の売出し価格や成約価格を参考にします。
公的機関も、不動産取引の成約事例や地価をインターネット上で公開していますので、そちらも参考にしましょう。

③ 複数の不動産会社に机上査定を依頼する

自分の不動産がいくらくらいで売れそうなのか、3~5社程度に依頼し比較検討します。また、インターネットの一括査定サイトを活用してもよいでしょう。

④ 机上査定を依頼した会社から2~3社選び、詳細査定を依頼する

実際に物件を担当者に見せて、詳しい話を聞きましょう。同時に、気になること・不明点を質問し、担当者の人柄や知識も確かめます。

⑤ 売却仲介を依頼する会社を選び、媒介契約を結ぶ

これから共に不動産売却を行うパートナーを決めます。売却のために必要な準備、販売戦略、担当者からの販売活動報告についてなど、タイムスケジュールを含めてしっかり話し合います。

⑥ 測量・境界の確定・確定測量図の作成

土地や戸建住宅の売却に不可欠な図面や書類がない場合は作る必要があります。

⑦ 不動産会社が販売活動を始める

査定価格をもとに売出し価格を決め、物件情報ポータルサイト「レインズ」に登録をしたり、広告宣伝を展開し買い手を募集します。情報の囲い込みをされないよう、担当者にレインズへの登録状況を確認しましょう。

⑧ 購入希望者が現れる

物件の状況を買い手に確認してもらう「内覧」の対応をします。そこで買い手が物件を気に入れば、後日、希望購入価格や契約日、決済日などが明記された「購入申込書」が提出されます。

⑨ 売買条件の交渉

雨漏りやシロアリ被害の有無など、物件の状態を詳しく記載した「物件状況等報告書」、空調などを含む付帯設備を記した「設備表」を用意し、詳細な物件情報を買い手に開示します。契約日と物件の引き渡し日をいつにするかなども相談します。

⑩ 契約成立

価格や諸条件の折り合いが付き買い手が決まったら、売買契約を結びます。売却代金のうちから手付金が支払われ、仲介手数料を不動産会社に支払います。

⑪ 決済の準備

決済とは、売買契約を完結させることです。そのために必要な書類の準備に時間がかかる場合があるので、早めに担当者から説明を受け、速やかに動けるようにしておきます。物件の明け渡しと引っ越しの準備で忙しくなります。

⑫ 決済日

鍵と権利証を買い手に引き渡し、所有権が移転します。売却代金の残金を受け取り、ローンが残っている場合は一括返済します。また、不動産会社に残りの仲介手数料を支払います。

⑬ 税務申告

不動産売却による譲渡所得については、確定申告が必要です。

関連記事