会社案内

Company

組織の存在意義 (Purpose)と文化(Culture)

【存在意識-Purpose-】
私たちの存在意義(Purpose)は、「利他であふれる社会を創る」です。 利他とは、他人に利益を与えること。自分の事よりも他人の幸福を願うこと。 シンプルに言うと「求め合うより与え合う」そんな表現がぴったりかもしれません。 私たちの夢は、世界中のすべての人たちが夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創ることです。 そのためには「利他の精神」は必要不可欠です。 誰かに期待するのではなく、自ら利他の精神を持ち 「どうすれば社会や他人を幸せにすることができるのだろう」を 日々考え行動し、社会を良くしていきます。

【文化 -Culture-】
▼理想への共感 多様な個性を持つメンバーが共に活動するためには、全員が同じ理想に共感していることが大切です。 そこでうららでは、チームの一員として活躍するための条件に「理想への共感」を設定しています。 「利他であふれる社会を創る」という存在意義(Purpose)に対して自分は何ができるのか、 一人ひとりが考え行動することで、多くの個性をチームの力に変えて理想に近づいていきます。

▼多様な個性を重視 「一人ひとりは違う個性を持つ存在である」という考え方のもと、メンバーに一律な平等を強いるのではなく、 100人100通りの生き方・働き方ができる環境を大切にしています。 私たちは性別や国籍といったカテゴリーに捉われず、人の中で育まれる価値観の多様性を尊重します。 同じ理想の下にさまざまな価値観や考え方を持つメンバーが集う環境で、 個人の強みを活かし合いながら幸せに働ける組織をつくります。

▼公明正大 多様な個性を重視するチームで信頼関係を築いていくためには、お互いが正直でいなければなりません。 そこで、社内では「アホはいいけど嘘はダメ」という言葉で表される、 嘘をつかない・隠し事をしない姿勢をコミュニケーションの土台にしています。 また、プライバシー情報とインサイダー情報を除くあらゆる情報を公開することで、 情報格差をなくして個人が主体的に判断できる環境を整えています。

▼自立と議論 「説明責任・質問責任」の考え方に基づき、主体的に意見や質問を投げかけること、 質問に誠実に回答することを大切にしています。 多様な個性を重視するチームでは、それぞれが異なる意見や考え方を持つため、 自分が感じた問題意識を周囲と簡単に共有できないこともあります。 問題の解決方法も、1つだけとは限りません。だからこそ、当社ではメンバー同 士が建設的に議論し、解決に向けたアクションを設定することが求められます。

センチュリー21うらら
会社名:株式会社うらら
住所:〒305-0047 茨城県つくば市千現1-7-2
アクセス:つくばエクスプレス「つくば」駅 徒歩26分 バス5分「千現1丁目」停徒歩1分 駐車場完備
営業時間:9時00分~16時45分
※事前予約をいただければ時間外でも可能です。お気軽にご相談下さい。
定休日:水曜日・年末年始
フリーアクセス:0800-800-1421
TEL:029-886-5270
FAX:050-3730-4220
代表者:本多 英樹
事業内容:不動産売買仲介業
所属団体:
(公社)茨城県宅地建物取引業協会会員
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
(公社)全国宅地建物取引業保証協会
免許番号:国土交通大臣(1)第9779号

代表ご挨拶

私の夢は、世界中のすべての人たちが夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創ることです。
しかし、まだまだ全くそれができていません。

すべての人たちが国境を越えて助け合う世界を創りたい。

心からそのことを願い活動してきたつもりでしたが、
何もできていない自分に気づかされました。

自分以外の周りの人たちに対して思いやりを忘れていないか。

小さな戦争を自分が身の回りの人たちとしていないか。

自分がどんな状況であろうとも、夢を持ってワクワクしながら生きているか。

毎日、自分自身がこの命を輝かせ、他の命のために使い切ろうと思っているのか。

大切なことを大切にする生き方を貫き、メッセージを発信し続けているのか。

すべての人が幸せな世の中をつくらない限り、必ずどこかで問題が起きてしまいます。

今、私たちは、人としての在り方や生きている意味について、
根本から考え直すタイミングなのではないかと思います。

それぞれ違う人が住むこの地球では、お互いに助け合うことでしか
幸せになることはできないと考えています。

そのために、なによりもまず私自身の在り方や生きている意味を改めて確認し、
できることから、あきらめずに挑戦し続けていきます!

株式会社うらら 株式会社福の家
代表取締役 本多 英樹

不明点・疑問点もお気軽にお問合せ下さい!

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像