1. HOME
  2. 不動産売却のお悩み
  3. 住替え・買替え

不動産売却のお悩み相談

Consulting

住替え・買替え

で不動産売却をお考えの方

買い替えをトータルサポートします!
不動産売買における資金計画・税金計算・決済の流れなど、お金の不安・疑問にも何でもお答えいたします。
新居のご提案もおまかせください!
うららは6年連続C21加盟店内茨城県仲介販売実績NO1の実績があります。お客様の資金状況やご希望に合わせた住まいのご提案・サポートをいたしますので安心しておまかせください。
「売り」が先か?「買い」が先か?

住まいの買い替えを行なう場合、「ご売却」と「ご購入」のタイミングが重要です。 同時に行なえるのがベストですが、現実にはなかなか難しいものです。そこで、売却先行タイプ、購入先行タイプ、それぞれのメリット・デメリットを比較し、お客様にあった買い替えのタイプを検討してみましょう。

売却先行タイプ

まずお住まいの売却を行ない、予算(資金計画)を確定させてから、新しい購入物件を探す方法です。 購入物件が特定されていない場合は、安心で確実な方法です。

メリット デメリット
  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすくなります。
  • 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などの面でもある程度余裕を持って進めらます。また、たとえ買い替えを中断したとしても住む家は残ります。
  • 売却が決まれば、買主に物件を引き渡す日までに、新しいお住まいを探さなければいけません。
  • ご購入の物件がなかなか決まらないと、仮住まいをする必要が出てきますので、出費が増します。

購入先行タイプ

はじめに購入物件を決めてから売却を行なう方法です。売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕のある場合には有効といえます。

メリット デメリット
  • ご希望の条件にあった購入物件を、気長にじっくり探すことができます。
  • 仮住まいなどの余計な費用がかからず、引渡し・引越しもスムーズにできます。
  • 新しい家の取得までに今までのお住まいを売却できない場合、ダブルローンになってしまうこともあります。
  • なかなか売却できない場合、どうしても売りあせって、買主に主導権を握られてしまう可能性もあります。
「残債がでる方」におすすめしたい買い替えプラン

売却査定で、現在の住まいがいくらで売れそうかをチェックした上で、売却金額が残債(残りの住宅ローン金額)より下回りそうな場合、資金的にはあまり余裕がない状況です。

自己資金をどれ位用意できるか、ローンがどれ位組めるかをチェックして、『これ位の金額の物件なら購入可能だ』という大まかな目安をつかみましょう。

新しい住まいを探すことも大事ですが、現在の住まいが売れないと、購入資金が入らず資金計画を確定できませんので、≪売却先行タイプ≫の買い替えが安心です。

売却を急がずあせらず、価格交渉も余裕をもって行ない、できるだけ希望する金額で売却することを目標にしましょう。自己資金がかなり用意できるお客様は別ですが、そうでない場合は、大きなローンを組まずに、無理のない買い替え物件を落ち着いて探されることをおすすめします。

「残債がでない方」におすすめしたい買い替えプラン

現在の住まいを売却した場合、売却金額と残債(残りの住宅ローン金額)がほとんど同じか、少し売却益が残りそうな方は、資金的にはいくらか余裕をもっている状態といえます。ただし、売却金額よりもかなり高い金額の買い替え物件を購入される場合には、新たなローンを組まなければなりませんので≪売却を先行させながら購入物件を同時に探す≫ような買い替えプランがよろしいかと思います。

売却金額とほぼ同額程度の物件や、売却金額+自己資金でカバーできるような物件を購入する方は、資金的なリスクはほとんどありませんので、≪購入先行タイプ≫の買い替えプランでよろしいでしょう。理想的な住まいを納得のいくまで探し、購入を先行させ、買い替え先のめどがついた段階で売却を始めても問題ないかと思われます。

しかし、なかなか売却できないということもありますので、よくタイミングを見極めることも重要です。

買い替え・住み替えのQ&A

 Q  売却するためには家を空けないといけないの?
お住まいになられたままで大丈夫です。実際にお住まいを売却される方の多くが、住みながらご売却されております。購入希望のお客様を案内する際には⽴ち会いなどのご協⼒をお願いいたします。

 Q  売却を開始したら何をすればいいの?
ご⾒学希望の方がいつ来られてもいいように、普段からの清掃を心掛けて頂き、いつでも迎えられるようにご準備頂ければと思います。購入のお申し込みが入るまでは、その他に特段⾏って頂く事はございません。

 Q  購入希望者はどのように⾒学に来られるの?
ご⾒学の日時は予め連絡させて頂きます。急な希望が入る可能性もございますが、無理にご都合を合わせて頂く事はございません。

 Q  ⾒学の方が来られるときは何をすればいいの?
大切なのはお部屋の第一印象です。以下の3点の事前準備をお願い申し上げます。(1)お部屋の掃除(2)窓を開け換気(3)各お部屋の電気を点ける また⾒学中に実生活についての質問(周辺環境、ご近所はどんな方か)がある場合がございますので、お答え頂ければ幸いです。

 Q  買主様の要望は全部受け入れないといけないの︖
必ずしもその条件をのむ必要はございません。不動産売買は売主様と買主様のご希望が合致しないと成⽴いたしません。売主様のご納得できない条件内容の場合は、改めて売主様のご希望をお聞かせください。その上で改めて買主様に相談させて頂きます。

 Q  近所に知られないように売却するには、どうやって販売活動するの?
弊社にご登録頂いている豊富な購入希望のお客様情報の中から条件の合う方に個別に紹介します。日本中に広がるネットワークを活かしご紹介させて頂きます。またその他販売活動方法に関しては、ご要望に合わせて提案させて頂きますので、お気軽に担当者へご相談ください。

 Q  賃貸中でも売却することはできるの?
可能です。賃貸借条件を引き継ぐことを条件として販売させて頂きます。

机上査定・不動産売却のご相談はお気軽にご連絡ください

売却査定依頼

0800-800-1421

通話無料 営業時間 8時30分~16時45分 水曜日を除く