1. HOME
  2. 不動産売却のお悩み
  3. 任意売却で売却したい

不動産売却のお悩み相談

Consulting

任意売却したい

住宅ローンの返済が厳しくなってきた

このようなお悩みはありませんか?
  • 住宅ローンの返済を滞納している!
  • 督促状が届いているが、無視してしまっている……
  • 月々の返済が少しずつ辛くなってきた
  • 競売で売却されたら、その後生活できなくなってしまう!
  • 離婚して、家のローンを支払えなくなった
  • 急な収入減で、ローン返済がストップしている
  • 県外にある家のローンが払えないから、何とか手放したいこのように、金銭的な事情から住宅ローンの返済が困難になっている場合、任意売却でお悩みやご不安を解消できるかもしれません。

任意売却とは?

住宅ローンを組んで購入した不動産には「抵当権」が設定されています。そのような物件の持ち主が住宅ローンを滞納すると、銀行などの金融機関はこの抵当権を行使して、物件の差し押さえを実行します。差し押えられた物件は競売で強制的に売却され、その売却代金で金融機関などが残債を回収する仕組みになっているのです。

抵当権はローンを完済するまで外すことはできません。そして抵当権が設定されている物件は、仲介売却・不動産買取のような通常の方法では売ることができません。任意売却は、こうした状況にある不動産を所有者の意思で売却するための方法。債務者と債権者の間に不動産会社が入り、競売ではなく一般的な売買取引を成立させます。不動産の購入者も含め、納得のいく価格での取引を目指す手法です。

任意売却のメリット・デメリット
メリット
売却にかかる費用の負担がない 仲介手数料・抵当権抹消費用・税金といった売却にかかる費用はすべて債権者が負担します。
引っ越し費用を確保できる 交渉によって、引越し費用・生活費などを確保できる可能性があります(競売では一切残りません)。
二束三文で売られてしまうことがない 任意売却なら市場相場に近い金額での売却が可能。競売では市場相場より3~5割程度安い価格で売却されるケースがほとんどです。
売却を周囲に知られにくい 競売の情報は裁判所や業界紙で公表されます。また競売前には執行官が不動産の写真撮影を行うため、周囲に競売の事実を知られる可能性が高まります。任意売却では不動産業者がプライバシーに十分配慮して売却を進めるため、周囲に知られてしまう心配がありません。
残債の返済をしやすくなる ほとんどの場合、給与の差し押さえなどは実行されません。売却後の残債の返済方法についても交渉できるため、無理のない計画を立てて返済していける可能性があります。
住み続けられる可能性がある 競売では強制退去となりますが、任意売却なら家族・親戚などに買い取ってもらうカタチで、そのまま住居に住み続けることが可能です。
専門家に相談することで、さまざまな負担が軽減される 信頼できる専門家に不動産の査定や債権者との交渉を任せることで、売却がスムーズになります。金銭的な面や売却にかかる手間はもちろん、精神的にも負担を軽減することができます。
デメリット
債権者が同意しないケースもある 金融機関などの債権者が、任意売却を受け入れない可能性もあります。督促状や催告状を無視していると「返済の意思なし」という印象を与えてしまうため、返済の意思があることをしっかり伝えておきましょう。
各種手続きが必要 競売の場合は強制的に売却を進められてしまいますが、任意売却では通常の売却と同様に各種手続きを行う必要があります。
パートナーとなる業者選びには、慎重さが求められる 任意売却は、業者としてもプロとしての力量が試される取引。業者の経験や実績は少なからず結果に影響します。場合によっては希望より安く売ることになってしまったり、時間が足りずに結局競売になってしまったりする可能性も。慎重に業者を選びましょう。
任意売却には「売却できる期間」があります
ローンの支払いが苦しくなりはじめてから、最短3カ月~6カ月で競売にかけられます。

下記の状態になる前に早めに専門家に相談しましょう。

  • ローンを1~2か月滞納してしまった
  • 不動産の競売を知らせる通知が裁判所から届いた
  • 裁判所から競売の執行官がやってきた
  • 競売の「期間入札通知書」が届いた

机上査定・不動産売却のご相談はお気軽にご連絡ください

売却査定依頼

0800-800-1421

通話無料 営業時間 9時~18時 水曜日を除く