1. HOME
  2. 不動産売却のお悩み
  3. 離婚で不動産を売却したい

不動産売却のお悩み相談

Consulting

離婚して不動産

を売却したい方

離婚と住宅ローンに関する不安は様々ですが、最適な解決方法は、離婚前か離婚後か、名義は誰か、連帯保証人の問題、収入があるのか、慰謝料、養育費の問題など状況により全て違います。

よくあるパターン
1. 元妻と子供が住み続け、住宅ローン名義と不動産名義は元夫のまま、住宅ローンも夫が支払う
2. 元夫が住み続け、住宅ローン名義と不動産名義も元夫のまま
3. 元妻が住み続け、住宅ローンを元妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に変更
4. 「任意売却」後、元夫の親がその家を購入、元妻と子供が今の住み続け、毎月の家賃として返済する
5. 住宅ローン名義も不動産名義も元夫のままで、元妻がそのまま住み続けるが、家賃として元夫に毎月支払う
6. 夫婦で連帯債務者となっているため、離婚後も夫婦共同で住宅ローンを払い続ける
7. どちらかの親が代わりに残りの住宅ローンを全額支払い、親に毎月の家賃として返済する
8. リースバックを利用し、売却後は買主に賃貸で家を借りる
9. どちらも家に住まないので家を売却する

オーバーローンとは

オーバーローンとは、不動産の市場価格よりも住宅ローンの残債が多い状態のことです。
オーバーローンの状態で不動産売却を行う場合は、不足分の資金を準備する必要があります。
準備ができない場合は、任意売却という方法で不動産の売却を行います。
まずは売却希望の不動産査定をして、時価の確認をすることをお勧めいたします。

任意売却

銀行の抵当権が残ったままになりますので不動産の売却は不可能です。このような場合は、住宅ローンを組んだ銀行と話し合い、売却した金額で不足した住宅ローン残高を残したままで抵当権を解除してもらう必要があります。売却しても残った住宅ローンは銀行と交渉して返済していきます。これが任意売却です。任意売却をせず、住宅ローンの滞納をしていると銀行は競売で自宅を強制的に売却します。

売却後も住み続けられます!
不動産売買契約と同時に定期建物賃貸借契約を締結し、所有者から借主になることで住み続けていただけます。
売却代金を必要資金に!
代金の使用用途に指定はございません。老後資金や事業資金などご自由にご使用いただけます。
最短5日で決済可能!
豊富な情報量を基に迅速な査定を行い、スピーディーな契約・決済に対応します。
再取得の選択肢もあります!
協議のうえ、条件が整った場合、再売買契約による再取得にも対応します。
リースバックのメリット・活用術はこちらへ!
リースバック特設サイト
まんがでわかるリースバックまんがでわかるリースバック

机上査定・不動産売却のご相談はお気軽にご連絡ください

売却査定依頼

0800-800-1421

通話無料 営業時間 8時30分~16時45分 水曜日を除く